FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

カテゴリ:プラモ の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2017年 上半期制作物 その②

 【04//2017】

上半期製作その②です!

作業しながら少しずつ書いているので
筆の進みが遅い…

☆タミヤ 1/24 フォルクスワーゲン ニュービートル
☆コトブキヤ FAガール フレズヴェルク
初めての並行作業~
ニュービートルは日本輸入バージョンにしようと思っていたので
パテが乾く時間とか
研ぎ出しの為のクリアの乾燥時間にフレズヴェルク作成しようと思い
並行作業にしたのですが・・・さすがに進みが鈍いですね・・・
わーげん
フレズ

ワーゲンは日本仕様ということで、前のナンバープレートを後付にするため
フロントバンパーから切り離し整形し
リアバンパーはパテで盛り短いナンバープレート用に成形しました
フロントは案外簡単にできたのですが
リアを不自然にならないように成形するの大変でした。
わーげん2
すでに下地にメタリックグリーンを塗ったのですが・・・
この時の自分は、後でクリア層で研ぎだすんだから、
ある程度の表面処理で良かねって思ってました…。
その後ハンドルを右ハンドル化するために左右を切って交換し
パテで成形し、整形
pate.jpg

わーげん3
マットの代わりに薄いフェルト生地を張って
とりあえず内装は完成!自然に右ハンドルになってると思うんですが、いかがでしょう?

そんな作業をやってるうちに、フレズヴェルクちゃんは完成
カラーリングは指定に近い配色にしてます。
特に手を加えたところはないのですが、膝のアーマー部分に合わせ目ができる部分を、
ほかのパーツが後はめできないので、段落ちモールド化してます。
あとはクリアパーツの下にメタリックパーツを張り付けて
なんとな~く機械チックな表現にしています。
furezu.jpg
特にフレズヴェルクは後ろからのショットがとても好きです。
お尻がいいとかそういうのじゃないから!
複雑っぽい構造ととげとげのクリアパーツが混在していて
カッコよくみえちゃいますね~
fure.jpg

そして、今回もっとも大変で、もっとも勉強になった作業
それが塗装でした。
なんとなく、クリア層厚くして、研ぎ出しして
繰り返して平らなクリア層を作っていけば
綺麗な表面になるのではないかと思っていましたが
bi-toru.jpg
ならない・・・なんでかなぁと思っているところに
アドバスをしていただけまして、その時初めて梨地という言葉を知りました。
表面処理を徹底的にしないと、元々の塗装面が梨の肌のように凹凸になり
その結果、平らに見えても光を乱反射するので
そこへどんなにクリアを重ねても光の反射が一定じゃないので
綺麗に見えないということでした・・・
表面処理、サフ、メイン塗装
これらを平滑に行うことを念頭に入れることの重要性を再認識できました。

wa-genn.jpg
実はこれ依頼品だったのですが
完成してからすぐに渡してしまったので写真撮ってなかった・・・
かろうじて完成っぽい写真を
色々勉強になったと同時にリベンジしたいなぁって思ってます。

☆コトブキヤ FAガール イノセンティア
1.jpg
2.jpg
3.jpg
はい、可愛いですね^ ^
FAガールイノセンティア、ドールちっくな作例見てると
やってみたくなりました!だって可愛いじゃないですか!w

イメージとしては、プラモデルとドールの中間みたいな感じにしたいので
こままだとドール要素が多いので
プラ要素を足します。
4.jpg
使用したのはコトブキヤさんの
・MSG ガンブレードランス
・FA拡張パック エクステンドアームズ02
実はこのガンブレードランス、人気商品だったのか、
ちょうど作った時に品切れていて探すの大変でした・・・
あと足首はフレズヴェルクの素体バージョンのヒールのような足が
気に入っていたので交換しています。

とりあえずイメージは固まったので、
あとはどんな世界観で作ろうか悩みました。
ゴスロリの衣装を買った時からある程度方向性は決まっていたのですが、
実際形にするとなると別で、割とパーツ選びは困りました。
特に翼は欠かせないぞと思っていましたが、
いいものがない・・・とその時に通販で頼んでいた
FAレイファルクスが届きまして、これだと!!と思い立ち
翼を捥ぎ取ります。
それがこれ
5.jpg
イメージに近いぞ!ってなりました。

これで完成までに必要なパーツは揃ったので
塗装です。最終的に衣装を着せるので、
中はそんなにしっかり塗る必要はないのですが
何事も経験値ということで、胸の位置を少しあげて
パテでインナーの用に成形、デコレーションシールで
飾り付け、パンツをちょっとローレグみたくと
やりたい放題。どうせ見えないんだし、趣味全開でいいと思うの。
6.jpg
7.jpg
8.jpg
肌の色は白っぽさを目指したかったので、
フレームアームズカラーのプラスチックフレッシュに
ガイアのアルティメットホワイトで調整してみました。

外装やらパーツを塗り分け、
台座を作って服を着せたら
ポージングで完成です。
9.jpg
10.jpg
13.jpg
台座には懐中時計、デコレーションにはスワロフスキーを使いました。
ところどころのパーツデコレーションはネイルアートで使うシールや
レジン小物など色々な材質を使うように心がけました。
イメージとしてはもういない主人の大切な思い出を守る、機械人形。
クエスト的にはその思い出の品を使わないと主人公たちは次に進めないので
戦いたくはないけど、倒さなければならないというシナリオイメージw
倒し方次第で自軍ユニットに編成可能で、好感度が上がると人間らしい心に戸惑いながら
主人公に尽くす!そしてcv小倉唯!
ってところまで妄想して作りましたw

と、半年で作ったりした作品を駆け足で紹介しました。
今はガレージキットに手を出したり、
ガンダムバエルを改修しながらいじったりしています。
ついこないだワンダーフェスティバル2017夏にも行ってきましたので、
そのあたりのレポートも近いうちにあげたいなぁと思ってます。
あと数日でプラモデルを始めてから1年経ちます、いやぁほんと妄想を
形にできるって楽しい!!
スポンサーサイト

Category: プラモ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2017年 上半期制作物 その①

 【27//2017】

前回から半年ほど経ちました!
2017年もすでに半分が過ぎようとしてます・・・早いですねぇ
時間止まってくれませんかね…やりたいこと全然できてない…

ということで、うろ覚えながら今年上半期で作ったものとか
記録がてら上げていきたいと思います~さらっとね、さらっと
覚えてないのでw

☆3式機龍
まず半年前に手をかけます~って言っていた3式機龍
IMG_11732.jpg
SD系初挑戦でしたが、これまた勉強になりました~
小さいからすぐ終わるかなぁと思っていたパーツの処理が
デフォルメされている分、一つ一つ小さくて表面処理が大変でした、侮った・・・
全身がシルバーでの塗装だったので、できるだけ黒っぽく、重厚感が出せるような
色を目指し、悩んだ末にガイアカラーの123 スターライト ジュラルミンを使用
シルバーにパールを混ぜたようなカラーらしいのですが
そもそもジュラルミンってなんぞ?と思い調べてみましたら
アルミニウムと銅、マグネシウムなどを混ぜた、アルミニウム合金らしいです…
うん、言葉だけじゃわかんないね
ということで実際に吹いてみましたら
下地の黒と相成って、絶妙な陰影がある反射で重厚感が出たのではないかなって思います
想像していた通りに塗れて満足!
ついでに台座もプチ自作してみようと思い挑戦
IMG_11972.jpg
IMG_12042.jpg
ダイソーさんのアルティメットコンテナなる小物入れをそのまま使用し、
プラ版からトラスの鉄柱的なものを自作してみました
ん~…まだまだですね…精度はもちろんですが、もっと塗り分けないと
おもちゃっぽくて・・・まぁ今回はSDなのでおもちゃっぽくてもいいかなぁと妥協
次がんばります!次!



☆タミヤ1/48 マーダーⅢ
初戦車です!いつもお世話になっている模型店様のコンテストに向けて
練習の為に挑戦でした!
IMG_12082.jpg
なんかちっちゃくて可愛いね、あなたw
コンテストに出す作品のイメージが「朽ちた戦車」なので、
とりあえず汚しまくってみましたら
IMG_12132.jpg
真っ黒ですねw
とりあえずは実際にやってみて、そこから加減を調整していくスタイルということでw
フラッシュを使うと少しだけ色味が見えますよ?w
IMG_12142.jpg


☆タミヤ1/35 ナースホルン
さて本番です。
コンテストのお題は1/35スケールで、無限機動、フィギュア一体以上だったと思います。
ベースは評価対象外ということでしたが、
最初に参加しようと思った時に浮かんだビジョンが自作の童話に出てくるワンシーンだったので
ベース無しでは表現できないぞと思い、作成を決定。
まずは童話を日夜考え、一連の物語として妄想します。
あまり器用なほうではないので、そうやって煮詰めないと説得力のある動きを
想像できないので難儀なものです、はい
浮かんだビジョンと合致するストーリーを構成できたなら、こんどは細かいディテールを考えます。
どんな地方なのか?季節は?朽ちた年数は?聞こえる音は?
見える景色は?匂いは?空気は?
などなど時間さえあれば妄想×妄想で世界に入っていく作業がとっても楽しかったです
というわけである程度頭の中で出来上がったものを今度は
形にしていくわけですが・・・
IMG_12152.jpg
まずは組み立て、終わりましたら新品の戦車に有無を言わさず傷つけていきます。
デザインナイフで切れ目を入れたり、ヤスリで削り落としたり、熱で溶かしたり
ある程度傷つけ終わったら、プラスチック用タミヤセメントを表面に塗ったくります。
何度かプラモを作っているときに、合わせ目消しの為にセメントを使って
誤ってその部分を触れてしまっていた時、指を剥がしたところが
まるでそこだけ装甲が剥げたみたいになっているのを思い出し
応用してみました。
たぶん技術として名前とかあるのでしょうが、よくわかってませんw
とりあえず塗ったくった場所を指で ムニィ っと押さえつけて少し待ち剥がす
という作業を繰り返します、指プラだらけw
そうするとランダムな凸凹の表面になるので、それを生かすように
2000番の紙ヤスリで整えると、何となく錆びたような表面に見えませんか?
指プラだらけになりますがw
IMG_12172.jpg
とりあえず元々の装甲色に近い灰色を塗ってから汚しに。
マーダーから学んだ汚し過ぎないということを意識しながらw
そうすると、こんな感じに
IMG_12212.jpg
表面装甲の雨風が当たる部分と、操縦側の雨風土ゴミが溜まる内部との
腐食の変化を意識して汚します。アドバイスありがとうございます店長!
IMG_12272.jpg
IMG_12242.jpg
IMG_12222.jpg
IMG_12282.jpg
IMG_12322.jpg
IMG_12312.jpg
大きさはこれくらい↓マーダーのお母さんみたいね
IMG_12352.jpg
二度と見ることはないであろう底面、一応陽に当たってないことを想定して白カビさんっぽく
所々で見えるシートみたいなのは、ティッシュペーパーに塗料を塗って、
古臭い感じに仕上げてみました。もうちょっと破ってみたりしてもよかったかも・・・
IMG_12372.jpg

とりあえず本体は完成したので、続いてベースの作成
IMG_12392.jpg
絵本を開いたベースに戦車を置きたいと考えていたので、
もう本物の本を使ってしまえば解決するんじゃないかと本にサフを吹きました。
本を塗るって新鮮!
IMG_12402.jpg
台座となる部分の木は丁度いいものがなかったので、
木板を買ってきて、欲しい大きさに丸鋸でカット
木工用ルーターで角を整形し、トールペイント用の塗料で
ラッピング塗装して高級感あるように仕上げてみました。
本を開いた状態できっちり固定して、木工用ドリルで貫通させ
ボルトナットと金具で固定します。
取り付けに問題なければ、次は本のウェザリングですw
IMG_12432.jpg
IMG_12442.jpg
本はもちろん紙なので、どんどん塗料を吸い込んでなかなか思うような色に
なりませんでした。結構塗ってますw

IMG_12482.jpg
本と台座の取り付けが終わったら、今度は土部分の作成
木粉粘土と紙粘土に水を加え、そこに木工用ボンドを混ぜてこねます。
もはやプラモデルというよりは壁補修とかの作業だなぁと思いながらこねこね
程よく混ざったところで土部分を本の上に盛って盛って乾燥させます。
これでとりあえずはベースの基礎部分の完成です。

ここから土部分を装飾、塗装するのですが
IMG_12512.jpg
パセリ、バジル、オレガノなどプラモデルとどんどん離れているような…w
木を針金と、木工用ボンド、100円ショップで購入した藻を乾燥させた装飾から自作
スケール感を大事にして作りました~。
IMG_12582.jpg
IMG_12612.jpg
IMG_12622.jpg


続いてフィギュアの作成です。
猫が主人公の物語を妄想していたので、使うフィギュアは猫!
IMG_12492.jpg
って・・・あれ?なんかメタルちっく・・・
あ~知らないで買ってしまったのですがメタルフィギュアですこれ!!
どうやって整形していいのかわからず、デザインナイフの刃をダメにしながら
パーティングライン的なバリを落としながらなんとか形に・・・
IMG_12502.jpg
プライマーを吹いてから筆塗り
色乗り難い!!
IMG_12682.jpg
大きさはこれくらいでした。
横に一緒に写っているのは紙づくりというシリーズのチューリップ。
なかなかリアルっぽくて気に入ってます!

その後先ほどのベースに色を塗りながら砂をまぶしていき、
オレガノやパセリを振り掛け、
小さいな石や草の根っこを埋めたりしつつ
また砂をかけて、雑草を生やしたりします。
IMG_12652.jpg
IMG_12642.jpg
雑草はナイロンっぽい雑草キットをクリアイエローとクリアグリーンで塗装してます。
ソリッドカラーだと自然界に存在しない色になりそうだったので
クリアで吹きながら調整して正解でした~雑草に見えませんか?
IMG_12662.jpg


そんなこんなで15匹の猫ちゃんを遊ばせて、チューリップを咲かせたら
完成です!
IMG_127122.jpg
作品名は
place of his promise
ちゃんと英文になってるのか怪しいのですがw意味は 彼の約束の場所 です。
色々作品の妄想について話すのもいいのかなと思ったのですが
作品を見た人たちが感じたストーリーというのも興味があるので
あえて深くは語りませんので、是非彼らに想いを馳せていただけると
嬉しい限りです。

あらゆるモノは、観測者の視点によりその在り方を変えます
ですが、特にその用途が限定されると人間はその様式から抜け出して
モノを視ることができなくなりがちです
戦うために作られた戦車は朽ちても戦車でしかありませんが
きっと猫達、いえ彼にとっては大切な場所であり、
守りたい家だったんだと
そう思うと兵器として生み出された戦車の在り方も
少しだけ変わって見えてはきませんか?

PS
主人公に据えている猫ちゃんが実はいたりします。

Category: プラモ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

11~12月作業とケライノプレーステール完成

 【22//2016】

前回から大分時間が経ちまして、完成ですw

IMG_10112.jpg

ホビーショップてづかさんのコトブキヤコンペになんとかギリギリで間に合ってほっとしているので
一か月を振り返りながら勉強になったことなどを中心に記事を書こうと思います。


さてさて、さかのぼること40日ほど前、来る日来る日もプラスチックを磨いていると
ふと気になることが
あれ?クリアパーツのゲートってどないしたらいいんでしょ?
IMG_09794.jpg
これですね、これ
すでに切り離してから調べたもんですから、切れ味のいいニッパーでスパンって切らないと
パーツ白くなって透明感が鈍るって・・・後の祭りすぎる・・・
でも待って、確か戦闘機のキャノピー部分ってこすってピカピカにするやん
ってことでヤスリの番手を400→600→800→2000(左側処理)
IMG_09805.jpg

コンパウンド3000→8000(上処理)
IMG_09825.jpg
お!割と復活したよ!透明感!
いやぁ普段普通のパーツではわかりにくいけど、表面処理ってこんなに違うんだなぁって実感

そんな発見もありながら当然ひたすら表面処理の日々でしたが11月30日に
僕が参加しているプラモクラブのミーティングで
とてもすごいモデラーの方とお話しする機会がありまして色々なことを教わりました!
ディテールアップ用に、プラ版を何枚か瞬間接着剤で軽く留めて成形すると同じ形のパーツを簡単に複製できることや
型紙を使って新規モールドを掘れば、左右対称のパーツの場合綺麗に同じモールドを掘れること
同じ色を使って彩色する場合に、下地を違う色に塗り分けておくとアクセントになることなど
わかりやすく丁寧に教えていただきました
今回のケライノを作る上でとても刺激になる楽しい時間でした…プラモ談義最高です><

それから数日後の12月3日人生初のプラモデルミニ展示会に参加させていただきました!
沢山写真は撮ったんですが、今手元にデータがないので後日機会があればw
みんなで作った作品がずらっと並ぶ光景圧倒でした!
この時点でコンペ締め切りまで18日、僕の作業はまだすべてにサフ終わってない・・・
え?まずくない?と焦りつつも
IMG_09882.jpg
武器を作るのに3日かけたり

IMG_09941.jpg
IMG_09952.jpg
おっぱい盛ってみたり

IMG_09972.jpg
髪の毛をもう少し自然にするために盛ったり削ったり・・・

IMG_10052.jpg
なんとか形に・・・

さぁ塗装だー!!
とはならずここでまた悩みます
すべてサフ色となっているキットを見ると、どんな風に色を塗っていいかわからないのです
沢山のキットの寄せ集めなので当然決まったカラーリングがあるわけでもなく・・・
塗り分け箇所も多くてやりがいがありましたね~
そんなこんなで塗装が終わるのが締め切り4日前、完成が前日
当日は締め切り二時間前くらいにギリギリセーフでの持込みでした
正直途中無理かもしれないと頭によぎったのですが、最後までがんばってよかったです
間に合ったぁ
IMG_10171.jpg

今自分ができる全力をぶつけた作品です
かっこいいと可愛いが融合した、そんな風に見えたらいいなぁと思います

さて~次は機龍だ!!
IMG_10220.jpg

Category: プラモ

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

合金島風ちゃんとケライノプレーステール進捗

 【14//2016】

こんにちわ、マコトです

土日を集中的にプラモに費やし、とりあえずブースターユニット部分表面処理を終わらせて
サフ吹くまで終了~
パーツが多い!!他ならぬ自分自身が増やした結果だけど、多い!!w

ケライノプレーステール 進捗1

作業が進んだ後の疲労感は、清々しくていいですなぁ、プラモった~(*゚ρ゚)
明日はパーツチェックと組み立て、接着が必要な部分の加工まで行ければ御の字かなぁ
まだ本体に行けてないので、急げや急げで作業中

そんな中ではありますが、グットスマイルカンパニー発売した合金島風、届きました

島風1
はい、いらっしゃい島風
この島風合金素材が多くてちょっと重たいです
figmaくらいの大きさで、合金だからあんまり動かせないかなぁと
想像していたんですが、割とポージング可能
この島風、面白いのが連装砲ちゃんが分離してアーマーにできるところで
島風2
装備すると・・・
島風4
お~かっこいいじゃない
島風5
島風6
島風7
なかなかどうしてかっこいいと可愛いが融合してますね!
単機で行動可能な連装砲ちゃんをわざわざ装備したり
速さを求める島風がアーマーを付けちゃうという突っ込みはさておき
ロマンだけを詰め込んだフィギュアに感服

島風8

Category: プラモ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

FAGミキシング中

 【06//2016】

こんばんわ、マコトです

ブログ開設!っていうことで最近ハマりにハマっているプラモデル作成の記事でも一つ
※まだまだ始めたばかりで、拙い説明、技術でお目を汚してしまいますが
そこは初心者のご愛嬌とご理解していただけると幸いです

今作っているのは
コトブキヤさんから発売されているフレームアームズガール、通称FAGのキットをオリジナル武装で作成中です
このFAGシリーズ、とってもカッコ可愛いキットで、自分的にはドストライク

アーキテクト1

そのまま組んだだけでこの可愛さ、たまりませんね
ただ本格的なミキシング初めてなので、何からしていいかわからず四苦八苦
同じくコトブキヤさんから出ている武装キットや、一つのパーツが欲しくて丸々キットを買ったりと
かなり遠回りしてる気分
しかもいざ付けてみたら「なんか違うね・・・」ってなって不要ってなるパターンでお財布的にもきつくなってきまして・・・
お世話になっている模型店の店長に相談し、武器盛り盛りなら武装ユニットと本体とを別々に作るつもりで
やってみるのがいいじゃないかとアドバイスを頂き
よし!もう武装ユニットに本体が組み込まれるような(ガンダムでいうとオーキスみたいな)構想で行こう!
と組み直してみると・・・

あーきちゃん3
あーきちゃん1
あーきちゃん2

おろ?割とまとまってきたよ?(ことりちゃんがしっかり映り込んでくるあたり愛を感じる)
しかしこれだと本体おまけだな・・・w
ま、まぁオーキスだってそんな感じだし、イメージとしてはいいのかな?

僕の場合、オリジナルの作品を作るときは設定を細かく妄想するのが大好きで
FAGは個人的にオリジナル小説を書いて、その中で活躍する装備を再現するみたいな手法で
作って行きたいと思っておりまして・・・
イメージも固まってきましたので恥ずかしながら名前を付けようと思います…
高速機動型拠点強襲用ギガンティックアームズ【ケライノ・プレーステール】
ギリシャ神話から、ハーピー四姉妹の名前と暴風という意味の単語を付けました
はい、厨二病ですね、そうですね、わかってます!!w

あとはプロペラントタンクと、大型のスタビライザーを自作しようと思ってます
完成はいつになるやら・・・とりあえずケライノを完成させてから
本体に移ろうと思います!

Category: プラモ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。