2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ご挨拶

 【06//2037】

はじめましての方は、よろしくお願いします!
いつもの方は、毎度ありがとうございます!

マコトといいます、僕がどんな人間かはプロフィールを見ていただけるとわかると思いますが
浅く広く色々なことをするのが大好きなヲタクです
趣味が合うなぁとか、楽しそうな奴だなぁって思って頂けたら是非是非絡んで貰えるとうれしいです!
スポンサーサイト

Category: その他

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2017年 上半期制作物 その②

 【04//2017】

上半期製作その②です!

作業しながら少しずつ書いているので
筆の進みが遅い…

☆タミヤ 1/24 フォルクスワーゲン ニュービートル
☆コトブキヤ FAガール フレズヴェルク
初めての並行作業~
ニュービートルは日本輸入バージョンにしようと思っていたので
パテが乾く時間とか
研ぎ出しの為のクリアの乾燥時間にフレズヴェルク作成しようと思い
並行作業にしたのですが・・・さすがに進みが鈍いですね・・・
わーげん
フレズ

ワーゲンは日本仕様ということで、前のナンバープレートを後付にするため
フロントバンパーから切り離し整形し
リアバンパーはパテで盛り短いナンバープレート用に成形しました
フロントは案外簡単にできたのですが
リアを不自然にならないように成形するの大変でした。
わーげん2
すでに下地にメタリックグリーンを塗ったのですが・・・
この時の自分は、後でクリア層で研ぎだすんだから、
ある程度の表面処理で良かねって思ってました…。
その後ハンドルを右ハンドル化するために左右を切って交換し
パテで成形し、整形
pate.jpg

わーげん3
マットの代わりに薄いフェルト生地を張って
とりあえず内装は完成!自然に右ハンドルになってると思うんですが、いかがでしょう?

そんな作業をやってるうちに、フレズヴェルクちゃんは完成
カラーリングは指定に近い配色にしてます。
特に手を加えたところはないのですが、膝のアーマー部分に合わせ目ができる部分を、
ほかのパーツが後はめできないので、段落ちモールド化してます。
あとはクリアパーツの下にメタリックパーツを張り付けて
なんとな~く機械チックな表現にしています。
furezu.jpg
特にフレズヴェルクは後ろからのショットがとても好きです。
お尻がいいとかそういうのじゃないから!
複雑っぽい構造ととげとげのクリアパーツが混在していて
カッコよくみえちゃいますね~
fure.jpg

そして、今回もっとも大変で、もっとも勉強になった作業
それが塗装でした。
なんとなく、クリア層厚くして、研ぎ出しして
繰り返して平らなクリア層を作っていけば
綺麗な表面になるのではないかと思っていましたが
bi-toru.jpg
ならない・・・なんでかなぁと思っているところに
アドバスをしていただけまして、その時初めて梨地という言葉を知りました。
表面処理を徹底的にしないと、元々の塗装面が梨の肌のように凹凸になり
その結果、平らに見えても光を乱反射するので
そこへどんなにクリアを重ねても光の反射が一定じゃないので
綺麗に見えないということでした・・・
表面処理、サフ、メイン塗装
これらを平滑に行うことを念頭に入れることの重要性を再認識できました。

wa-genn.jpg
実はこれ依頼品だったのですが
完成してからすぐに渡してしまったので写真撮ってなかった・・・
かろうじて完成っぽい写真を
色々勉強になったと同時にリベンジしたいなぁって思ってます。

☆コトブキヤ FAガール イノセンティア
1.jpg
2.jpg
3.jpg
はい、可愛いですね^ ^
FAガールイノセンティア、ドールちっくな作例見てると
やってみたくなりました!だって可愛いじゃないですか!w

イメージとしては、プラモデルとドールの中間みたいな感じにしたいので
こままだとドール要素が多いので
プラ要素を足します。
4.jpg
使用したのはコトブキヤさんの
・MSG ガンブレードランス
・FA拡張パック エクステンドアームズ02
実はこのガンブレードランス、人気商品だったのか、
ちょうど作った時に品切れていて探すの大変でした・・・
あと足首はフレズヴェルクの素体バージョンのヒールのような足が
気に入っていたので交換しています。

とりあえずイメージは固まったので、
あとはどんな世界観で作ろうか悩みました。
ゴスロリの衣装を買った時からある程度方向性は決まっていたのですが、
実際形にするとなると別で、割とパーツ選びは困りました。
特に翼は欠かせないぞと思っていましたが、
いいものがない・・・とその時に通販で頼んでいた
FAレイファルクスが届きまして、これだと!!と思い立ち
翼を捥ぎ取ります。
それがこれ
5.jpg
イメージに近いぞ!ってなりました。

これで完成までに必要なパーツは揃ったので
塗装です。最終的に衣装を着せるので、
中はそんなにしっかり塗る必要はないのですが
何事も経験値ということで、胸の位置を少しあげて
パテでインナーの用に成形、デコレーションシールで
飾り付け、パンツをちょっとローレグみたくと
やりたい放題。どうせ見えないんだし、趣味全開でいいと思うの。
6.jpg
7.jpg
8.jpg
肌の色は白っぽさを目指したかったので、
フレームアームズカラーのプラスチックフレッシュに
ガイアのアルティメットホワイトで調整してみました。

外装やらパーツを塗り分け、
台座を作って服を着せたら
ポージングで完成です。
9.jpg
10.jpg
13.jpg
台座には懐中時計、デコレーションにはスワロフスキーを使いました。
ところどころのパーツデコレーションはネイルアートで使うシールや
レジン小物など色々な材質を使うように心がけました。
イメージとしてはもういない主人の大切な思い出を守る、機械人形。
クエスト的にはその思い出の品を使わないと主人公たちは次に進めないので
戦いたくはないけど、倒さなければならないというシナリオイメージw
倒し方次第で自軍ユニットに編成可能で、好感度が上がると人間らしい心に戸惑いながら
主人公に尽くす!そしてcv小倉唯!
ってところまで妄想して作りましたw

と、半年で作ったりした作品を駆け足で紹介しました。
今はガレージキットに手を出したり、
ガンダムバエルを改修しながらいじったりしています。
ついこないだワンダーフェスティバル2017夏にも行ってきましたので、
そのあたりのレポートも近いうちにあげたいなぁと思ってます。
あと数日でプラモデルを始めてから1年経ちます、いやぁほんと妄想を
形にできるって楽しい!!

Category: プラモ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2017年 上半期制作物 その①

 【27//2017】

前回から半年ほど経ちました!
2017年もすでに半分が過ぎようとしてます・・・早いですねぇ
時間止まってくれませんかね…やりたいこと全然できてない…

ということで、うろ覚えながら今年上半期で作ったものとか
記録がてら上げていきたいと思います~さらっとね、さらっと
覚えてないのでw

☆3式機龍
まず半年前に手をかけます~って言っていた3式機龍
IMG_11732.jpg
SD系初挑戦でしたが、これまた勉強になりました~
小さいからすぐ終わるかなぁと思っていたパーツの処理が
デフォルメされている分、一つ一つ小さくて表面処理が大変でした、侮った・・・
全身がシルバーでの塗装だったので、できるだけ黒っぽく、重厚感が出せるような
色を目指し、悩んだ末にガイアカラーの123 スターライト ジュラルミンを使用
シルバーにパールを混ぜたようなカラーらしいのですが
そもそもジュラルミンってなんぞ?と思い調べてみましたら
アルミニウムと銅、マグネシウムなどを混ぜた、アルミニウム合金らしいです…
うん、言葉だけじゃわかんないね
ということで実際に吹いてみましたら
下地の黒と相成って、絶妙な陰影がある反射で重厚感が出たのではないかなって思います
想像していた通りに塗れて満足!
ついでに台座もプチ自作してみようと思い挑戦
IMG_11972.jpg
IMG_12042.jpg
ダイソーさんのアルティメットコンテナなる小物入れをそのまま使用し、
プラ版からトラスの鉄柱的なものを自作してみました
ん~…まだまだですね…精度はもちろんですが、もっと塗り分けないと
おもちゃっぽくて・・・まぁ今回はSDなのでおもちゃっぽくてもいいかなぁと妥協
次がんばります!次!



☆タミヤ1/48 マーダーⅢ
初戦車です!いつもお世話になっている模型店様のコンテストに向けて
練習の為に挑戦でした!
IMG_12082.jpg
なんかちっちゃくて可愛いね、あなたw
コンテストに出す作品のイメージが「朽ちた戦車」なので、
とりあえず汚しまくってみましたら
IMG_12132.jpg
真っ黒ですねw
とりあえずは実際にやってみて、そこから加減を調整していくスタイルということでw
フラッシュを使うと少しだけ色味が見えますよ?w
IMG_12142.jpg


☆タミヤ1/35 ナースホルン
さて本番です。
コンテストのお題は1/35スケールで、無限機動、フィギュア一体以上だったと思います。
ベースは評価対象外ということでしたが、
最初に参加しようと思った時に浮かんだビジョンが自作の童話に出てくるワンシーンだったので
ベース無しでは表現できないぞと思い、作成を決定。
まずは童話を日夜考え、一連の物語として妄想します。
あまり器用なほうではないので、そうやって煮詰めないと説得力のある動きを
想像できないので難儀なものです、はい
浮かんだビジョンと合致するストーリーを構成できたなら、こんどは細かいディテールを考えます。
どんな地方なのか?季節は?朽ちた年数は?聞こえる音は?
見える景色は?匂いは?空気は?
などなど時間さえあれば妄想×妄想で世界に入っていく作業がとっても楽しかったです
というわけである程度頭の中で出来上がったものを今度は
形にしていくわけですが・・・
IMG_12152.jpg
まずは組み立て、終わりましたら新品の戦車に有無を言わさず傷つけていきます。
デザインナイフで切れ目を入れたり、ヤスリで削り落としたり、熱で溶かしたり
ある程度傷つけ終わったら、プラスチック用タミヤセメントを表面に塗ったくります。
何度かプラモを作っているときに、合わせ目消しの為にセメントを使って
誤ってその部分を触れてしまっていた時、指を剥がしたところが
まるでそこだけ装甲が剥げたみたいになっているのを思い出し
応用してみました。
たぶん技術として名前とかあるのでしょうが、よくわかってませんw
とりあえず塗ったくった場所を指で ムニィ っと押さえつけて少し待ち剥がす
という作業を繰り返します、指プラだらけw
そうするとランダムな凸凹の表面になるので、それを生かすように
2000番の紙ヤスリで整えると、何となく錆びたような表面に見えませんか?
指プラだらけになりますがw
IMG_12172.jpg
とりあえず元々の装甲色に近い灰色を塗ってから汚しに。
マーダーから学んだ汚し過ぎないということを意識しながらw
そうすると、こんな感じに
IMG_12212.jpg
表面装甲の雨風が当たる部分と、操縦側の雨風土ゴミが溜まる内部との
腐食の変化を意識して汚します。アドバイスありがとうございます店長!
IMG_12272.jpg
IMG_12242.jpg
IMG_12222.jpg
IMG_12282.jpg
IMG_12322.jpg
IMG_12312.jpg
大きさはこれくらい↓マーダーのお母さんみたいね
IMG_12352.jpg
二度と見ることはないであろう底面、一応陽に当たってないことを想定して白カビさんっぽく
所々で見えるシートみたいなのは、ティッシュペーパーに塗料を塗って、
古臭い感じに仕上げてみました。もうちょっと破ってみたりしてもよかったかも・・・
IMG_12372.jpg

とりあえず本体は完成したので、続いてベースの作成
IMG_12392.jpg
絵本を開いたベースに戦車を置きたいと考えていたので、
もう本物の本を使ってしまえば解決するんじゃないかと本にサフを吹きました。
本を塗るって新鮮!
IMG_12402.jpg
台座となる部分の木は丁度いいものがなかったので、
木板を買ってきて、欲しい大きさに丸鋸でカット
木工用ルーターで角を整形し、トールペイント用の塗料で
ラッピング塗装して高級感あるように仕上げてみました。
本を開いた状態できっちり固定して、木工用ドリルで貫通させ
ボルトナットと金具で固定します。
取り付けに問題なければ、次は本のウェザリングですw
IMG_12432.jpg
IMG_12442.jpg
本はもちろん紙なので、どんどん塗料を吸い込んでなかなか思うような色に
なりませんでした。結構塗ってますw

IMG_12482.jpg
本と台座の取り付けが終わったら、今度は土部分の作成
木粉粘土と紙粘土に水を加え、そこに木工用ボンドを混ぜてこねます。
もはやプラモデルというよりは壁補修とかの作業だなぁと思いながらこねこね
程よく混ざったところで土部分を本の上に盛って盛って乾燥させます。
これでとりあえずはベースの基礎部分の完成です。

ここから土部分を装飾、塗装するのですが
IMG_12512.jpg
パセリ、バジル、オレガノなどプラモデルとどんどん離れているような…w
木を針金と、木工用ボンド、100円ショップで購入した藻を乾燥させた装飾から自作
スケール感を大事にして作りました~。
IMG_12582.jpg
IMG_12612.jpg
IMG_12622.jpg


続いてフィギュアの作成です。
猫が主人公の物語を妄想していたので、使うフィギュアは猫!
IMG_12492.jpg
って・・・あれ?なんかメタルちっく・・・
あ~知らないで買ってしまったのですがメタルフィギュアですこれ!!
どうやって整形していいのかわからず、デザインナイフの刃をダメにしながら
パーティングライン的なバリを落としながらなんとか形に・・・
IMG_12502.jpg
プライマーを吹いてから筆塗り
色乗り難い!!
IMG_12682.jpg
大きさはこれくらいでした。
横に一緒に写っているのは紙づくりというシリーズのチューリップ。
なかなかリアルっぽくて気に入ってます!

その後先ほどのベースに色を塗りながら砂をまぶしていき、
オレガノやパセリを振り掛け、
小さいな石や草の根っこを埋めたりしつつ
また砂をかけて、雑草を生やしたりします。
IMG_12652.jpg
IMG_12642.jpg
雑草はナイロンっぽい雑草キットをクリアイエローとクリアグリーンで塗装してます。
ソリッドカラーだと自然界に存在しない色になりそうだったので
クリアで吹きながら調整して正解でした~雑草に見えませんか?
IMG_12662.jpg


そんなこんなで15匹の猫ちゃんを遊ばせて、チューリップを咲かせたら
完成です!
IMG_127122.jpg
作品名は
place of his promise
ちゃんと英文になってるのか怪しいのですがw意味は 彼の約束の場所 です。
色々作品の妄想について話すのもいいのかなと思ったのですが
作品を見た人たちが感じたストーリーというのも興味があるので
あえて深くは語りませんので、是非彼らに想いを馳せていただけると
嬉しい限りです。

あらゆるモノは、観測者の視点によりその在り方を変えます
ですが、特にその用途が限定されると人間はその様式から抜け出して
モノを視ることができなくなりがちです
戦うために作られた戦車は朽ちても戦車でしかありませんが
きっと猫達、いえ彼にとっては大切な場所であり、
守りたい家だったんだと
そう思うと兵器として生み出された戦車の在り方も
少しだけ変わって見えてはきませんか?

PS
主人公に据えている猫ちゃんが実はいたりします。

Category: プラモ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

新年あけましておめでとうございます!※長文注意※

 【05//2017】

新年あけましておめでとうございます
昨年は自身の人生のターニングポイントを迎えたのではないかと思うほど
激動な一年だったと感じております
僕自身は毎年、新たなに何かできるようになるというのが目標で
昨年はクロスバイクをやってみようというのが目標でした
自身の足で風を切るというのは、バイクで走るのとまた違う楽しみがあり
なかなか楽しい経験ではありましたが、
始めることが目標だった為、早々にクリア
どうしたものか考えているときに、模型の世界を教えてもらい
どっぷりハマりました
その他にもラブライブに今更ながらハマったりと
やりたいこと、楽しいことに多く出会えた年だったなと振り返ります

今年の目標ですが、まだまだ模型でやりたいことは目白押しなので
あえて何かをできるようになるというなら、
プラ版から格納庫やステージなど建造物のミニチュア的なものを
作成できるようになりたいと思っております
細かい目標を上げるとキリがないので、まずはプラ版の
切り出しの精度を熟達したものにできるように頑張りたいです

さて、ここからはちょっと写真多めです
昨年集めたフィギュアやら作った作品などをさくっと紹介しようと思います
ではフィギュアから

☆雪ミク(figma、ねんどろいど)
グッスマから2016年デザインの雪ミクです
いつもの通り、予約は冬からで届くのは夏でした
なのでこの季節までそっとしまってありました
ミクのフィギュアはとても出来がいいのが多くて
衝動的に買ってしまうんですが、2016年モデルは
とても好みのデザインだったので即決だったのを覚えています
特徴的なのは実際にありそうな単調なウェアでありながら、
雪の結晶のワンポイント、フクロウをイメージした帽子など
可愛さをアピールしつつウィンタースポーツを楽しんでるミクを
表現できている所でしょうか、僕のイメージですけどw
沢山の要素を方向性をもってまとめるのって実はとても難しいと思います
そういう意味で自由にデザインができるミクってすごく難しい素材ですよね
プラモデルのミキシングでも同じような葛藤がありました
見習わなければ・・・
DSC0226622.jpg
DSC0230622.jpg
DSC0231622.jpg


☆ラビリス(パルフォム)
ねんどろいどよりちょっと頭身が高いパルフォムからラビリス
ペルソナシリーズは実はまったくやったことがなくて
P4Uのポスターにいたラビリスに一目惚れしてゲーム買ったのはいい思い出・・・
このフィギュアの特徴は存在感でしょうか
デフォルメし過ぎてないフォルムのため、カッコ良さにベクトルをおいた可愛さが
机にポンと置くと他のデフォルメフィギュアよりも目を引きます
またラビリスの特徴でもある斧の大きさが拍車をかけてインパクトを与えてくれます
妹のアイギスや、艦これの時雨、夕立もパルフォムから出ているので
余裕ができたら、並べてあげたいなぁと思わせてくれますね
DSC0233122.jpg


☆レーシングミク2015ver
ミク多いですねwそしてまたもグッスマですw
とは言えやはりミクフィギュアは完成度が高い、昨年一番良かったと感じたフィギュアです
もう可愛いに尽きる造形、モチーフは姫騎士だったと思いますが
見事にレースクイーンへと昇華しているデザインが素晴らしいと思います
各部の素材の違いやトップコートの塗り分けによる精巧さに加え
はためくフラッグと流れるようなツインテールがフィギュアに動きを持たせているところなど
健康的な少女を見事に表現されているなと感嘆いたします
僕が特に注目したのは2点で
透明感ある肌の塗装が白の甲冑をイメージした衣装にマッチしている点
可愛さと躍動感を再現している絶妙なポージング
これらはFAGを作成して行くうえでとても勉強になるなと改めて感じました
まぁ、可愛いは正義
DSC0234922.jpg
DSC0235722.jpg
DSC0237722.jpg
DSC0240622.jpg


☆秋津洲(ねんどろいど、スケールモデル)
艦これから秋津洲、もともとの絵がとても可愛くて好きだったので
こちらも予約開始後すぐに購入
二体ともトレードマークの二式大艇ちゃんがしっかり作られていることに驚きでした
特にスケールモデルの秋津洲は値段の半分は二式大艇ちゃん分だと思ってますw
それにしても立ち絵に完全一致させて作っているところはこだわりを感じますね
背面から写すとわかるのですが、スカートにスリットが入っているので
ペチコートが丸見えで透け透け・・・エロい!
また本人がまったくわかってなくてそうなってると想像するとなお良い!
っていう(?)フィギュアです
ゲーム内ではあまり使うことがありませんでしたが・・・
DSC0241622.jpg
DSC0242122.jpg
DSC0242822.jpg
DSC0243522.jpg
DSC0245222.jpg


☆鹿島(ねんどろいど)
同じく艦これから、鹿島のねんどろいどです
大人気の艦艇(?)ですねwつい先日の冬コミでも大人気だったんではないでしょうか
セットに入ってくるクリスマスのセーターverとか流石グッスマさんわかってる!
デフォルメされた中にも鹿島の妖艶な可愛らしさがしっかりと表現されており
3月に発売するfigma鹿島も大変楽しみです
元となっているゲーム内の絵、性格、声が非常に好みなので
もはやフィギュアの何が好きか尋ねられても
「鹿島だから」
としか答えられないのが難点
こんなキャバ嬢いねぇかなぁ・・・通うのに・・・w
DSC0245522.jpg
DSC0246622.jpg


☆南ことり(ちょこすた)
ラブライブよりことりちゃんのスマホスタンドちょこすたです
非常に残念なことに僕がラブライブを知ったのはつい先日でして
すでにコンテンツとしては完結した後!数多くの造形物が販売されていたにも関わらず
完全にスルーしていたのが悔やまれます・・・
ただ、自分の中ではラブライブは現在進行形で好きなコンテンツなので
逆に考えて出尽くして成熟した造形物を集めることができると開き直りました
とりあえず机に置けて、邪魔にならず、可愛い、ことりちゃんをということで
あ、僕はことりちゃん推しです、え?聞いてない?
気を取り直して、選んだのはこのちょこすた
スマホスタンドと銘を打って置きながら、サイドのフィギュアの可愛いこと
ねんどろいどとはまた違った良さが滲み出ていますよね
アクションフィギュアではないという利点を生かし
手足を細くしたり、カバンや制服の細かい造形をしっかり作りこんでいると感じます
個人的にはタイル調の台座がとても気に入っており
自分もこういった造形をやる際に参考にさせてもらおうと思っております
DSC0263322.jpg
DSC0264222.jpg

☆南ことり(ねんぷち、にいてんご)
机に置けることりちゃんシリーズ
劇場版で披露したAngelic Angel衣装のねんどろいどぷちと
μ's屈指の名曲snow halation衣装のにいてんご
ちょこちょこ増やして机をことりまみれにするのが密かな楽しみですw
DSC0264822.jpg
DSC0265222.jpg
DSC0265522.jpg

※超合金島風は紹介したページがありますので、割愛させていただきます



ここからはプライズ品を中心に紹介です
昨今のプライズフィギュアの完成度には目を見張るものがありますね
正直ここまで来てるのかと驚きを隠せません

☆大和(一番くじ)
いきなり超弩級な大和さん、何が弩級かはご想像に
一番くじの景品フィギュアですが、もはや万単位のフィギュアに負けず劣らずの造形
ポージングや塗装、小物の精巧さ、パレオと髪のパーツをクリアパーツにしてのグラデーションなど
コストパフォーマンスは圧倒的です
フォルムを見ただけで大和であるとわかる部分を残しながら水着姿にさせ
かつ大和撫子な性格からは想像できない大胆なデザインのチョイスと
モデルのような体形を生かすような、左足から腰に掛けてのライン
女性らしさを感じさせるくねり、強調せずともしっかりと自己主張する胸部甲板
パァァァフェクトだ!
DSC0248322.jpg
DSC0248922.jpg
DSC0250222.jpg


☆秋月(艤装装備、お月見ver)
艦隊これより防空駆逐艦秋月です
元絵に忠実な凛々しい艤装装備verと、優しそうに微笑むお月見verですが
どちらもプライズ品とは思えない出来栄え
艦これのプライズ品は金剛ちゃんもそうでしたが出来が素晴らしい
特に制服の再現度が高く、上半身の造形がお気に入りです
艤装も細部まで再現されており、高射砲ちゃんの砲身もしっかり90度上まで動きます
DSC0252722.jpg
DSC0253322.jpg
DSC0255922.jpg
DSC0256722.jpg
DSC0256022.jpg


☆レーシングミク2015ver × すーぱーそに子
レーミクとそに子のコラボ商品
ねんぷちと同じようなサイズで、こちらも非常に出来が良いです
またお互いの衣装をチェンジしての造形化と
コラボ感もしっかり出しています
キャッチャーの上手い友人に頼んで取ってもらったのですが
わずか400円でゲット・・・技術って素晴らしい、次もお願いします!!
DSC0233522.jpg
DSC0233922.jpg


☆南ことり
SUNNY DAY SONGの衣装とそれは僕たちの奇跡の衣装のことりちゃん
流石にプライズ品なので塗り漏れや、パーティングラインが気にはなりますが
ことりちゃんの場合顔と髪の毛の造形が素晴らしい!
撮る角度にもよるのかもしれませんが、可愛さと躍動感が十分に味わえるフィギュアです
結構な数が出回っているのでリーズナブルなお値段で手に入れやすさも魅力
そういう意味でコストパフォーマンスは高く、気軽に飾れるのもいいですね
DSC0260022.jpg
DSC0258222.jpg
DSC0261022.jpg
DSC0261422.jpg



ここからは僕が昨年作らせて頂いたキットを紹介です

☆レイレナード 03-AALIYAH(コトブキヤ)
アーマードコア4に登場する企業レイレナード社から
提供されている標準機体として同ゲームを知っている人には有名な機体
なんと言ってもデザインが非常に好み
本来ならもう少し紺色に近い彩色なのですが、ゲーム本編の彩度が暗いため
黒に近いイメージが強く、作るなら黒だなと思い艶有りの黒で仕上げてあります
このキットは非常に思い入れが強いです
というのも僕が初めて本格的にプラモデルを作ろうと思ったきっかけであり
師匠と一緒に作らせて頂いたキットだからです
プラモデルを作ってみたいという漠然な話から
キットを選んだり、表面処理、合わせ目消しや塗装
模型の基本をなる部分を教えてくれながら一緒になって作ってくれて、
完成させる喜びを与えてくれた、まさにスタートラインの作品です
よもや2日で仕上げたというのも熱意の成せる技だなぁとしみじみ感じたりw
このキットを眺めるたびに、まだまだ模型道は始まったばかりですが
この時のおっかなびっくり表面処理をして完成させたい!という思いを忘れず
常に挑戦と結果を出していけるように精進せねばと立ち返ります
DSC0265922.jpg
DSC0270922.jpg



☆フレームアームズガール アーキテクト(コトブキヤ)
プラモデルを作る楽しさを知り、すぐにもう一つ何か作ってみたくて選んだキット
島田フミカネさんがデザインした可愛くもかっこいいキャラクターの
パッケージにふらふら~っと惹かれて購入
もともと艦これなどの機械+美少女のジャンルが好きだったので
好みにドンピシャでしたね
コトブキヤさんから出てるエクシードバインダーと
光るビームサーベルを装備させ、軽量近接使用で作成
DSC0278922.jpg
DSC0279622.jpg
DSC0280322.jpg
DSC028062.jpg



☆HGUC 1/144 MSN-001X ガンダムデルタカイ
人生初のガンプラです!
アリーヤとアーキテクトが終わってから、本格的に模型をやりたいと決心し
腕を磨くとまではいきませんが、練習になるキットは何か師匠に相談したところ
ガンプラが一番練習にはいいのではないかとアドバイスをもらい、
選んだキットがデルタカイでした
原作であるガンダムユニコーンを見たことはないのですが、
デザインに非常に惹かれチャレンジしてみました
なんとかオリジナリティを出したいと思い挑戦したのが
若干短めだった胴体の延長と
オリジナルカラーでの作成です
胴体は5ミリほどプラ版を重ねて延長し、結果合わなくなった
コックピットハッチにプラ版つけて加工
カラーリングはパステル寄りなエメラルドグリーンで仕上げています
デザインで一番好きなのはフィンファンネルで、面出しに金属ヤスリを使用しており
ヤッホー!すげぇ平らになる!と削りすぎた思い出が・・・w
DSC0271922.jpg
DSC0271222.jpg
DSC0273222.jpg




☆HG グレイズアイン
鉄血のオルフェンズから一期のボス的MS
鉄血は勉強も兼ねて全話見たのですが、非常に面白くて
当然キットを作ってみたくなったことと
お世話になっているホビーショップてづかさんで
鉄血のMS作ろうというオルフェンズ祭りを行っていたこともあり
これはグレイズアインに挑戦せねば!と思い作成しました
今回は何を目標に作ろうか考え、
自分なりのオリジナル設定を踏襲した作品にしようと思い立ち着手

<以下自分設定なので苦手な方は読み飛ばしてください>
・EB-AX1 prototypeAX
通称はAX、阿頼耶識システムの実験機としてギャラルホルンにて開発された一機
阿頼耶識そのものを発展開発する目的ではなく、それに近いシステムを
通常の操縦システムに適用できないか検討するための実験機
聞こえはいいが、実際は阿頼耶識システムの最終形態を再現するために
多くの人命が秘密裏に利用された
罪人や事故で体の自由が効かなくなった軍人や、民間人
人体の行き過ぎた機械化による先の戦争の教訓から
タブーとされていた分野への抵触、しかしいつの時代も禁忌とは
科学者の知的好奇心を刺激するもので
この阿頼耶識搭載型実験用MS計画は表にこそ決して公表されることはないが
莫大な予算を確保ししつスタートした
もともと成熟したシステムである阿頼耶識をグレイズのシステムとして
組み込むのは容易であり、かなり早い段階でプロトタイプであるAXが完成
被験者をMSの制御システムとして組み込み実験を重ね、
自身とMSの同調には手足のバランスの変更が必要な点や
生身の感覚と機体のパワーバランスをより滑らかに伝えるための
機械的バックアップなどの調整を加え
実際にスポンサーとなる企業や上層部への報告用に作られた
デモンストレーション用の実験機が本機である
閲覧者によりインパクトを与えるために、外装のカラーリングは派手になっている
また武装はAX用野太刀とシールドパイルバンカーを装備
野太刀は通常のMSの全高と変わらぬ刀身をもっており、設計運用通りに使用すれば
MSを頭から真っ二つにできる
シールドパイルバンカーは薬莢式で杭が破損するまで使用可能だが
設計が繊細に作られているため、事実上一発ごとに杭を交換、もしくはオーバーホールが必要な
欠陥仕様だった
これら装備は、操縦をコンピューターに補助させる大雑把な動きでは
運用不可能なため、阿頼耶識でこそ実現できる武装と開発チームはアピールしている
ただ、実際にこの繊細な武装を使いこなせた被験者はおらず
太刀に至っては抜くことができたものすら少なく、当然MSをフレームごと叩き切る大技が
実現したことはなかった
莫大な予算を投入したにも関わらず、阿頼耶識に近づけるコンピュータープログラムは
遅々として完成せず、年々予算が減らされAX1のお披露目をピークに数年後には
研究自体が凍結、チームは解散する運びとなる
AX1は多くの人の魂を無為に奪い、なんの成果も成せぬままに眠りにつく
新たな業を背負って目覚めるその日まで

後にグレイズアインとして目覚めたAXは、多くの改修を受けAX2として生まれ変わる
装備も太刀という扱い難い武装ではなく、アックスへと変更
これは被検体であるアインは、機体に組み込まれまともな訓練もなく
実践投入されることを考え、壊れにくく、振り回すだけで十分脅威となる
そういった武装が選択された結果である
同時にパイルバンカーも小型軽量化し、両手に一発づつの装備と簡略化されている
AX1は宇宙空間での運用も念頭にいれていたので、ブースターやスラスターが
装備されていたが、エドモントン戦では使用用途が薄いため撤去
アインへの情報処理負荷を軽減している
そうすることで両肩のクラッチに空きができたため、
内部に対人ライフルを装備し武装面の強化を計った
また当初から武装が無くなった時の最終手段として装備されていた
スクリューパンチとドリルキックだが、アインはこれらを有効に使用
戦術に幅を持たせるという新たな用途を生み出した
しかしながら、ガンダムバルバトス戦では
当初AX1にて構想されていた阿頼耶識でしか体現することのできない
太刀による斬撃で腕部をフレームごと切断、最後はコックピットを破壊され
敗北する
<設定終わり>

というイメージで・・・長かったですねw
手を加えたところはプラ版によるディーテールアップ
野太刀にコトブキヤさんから出ているサムライソードを延長加工し使用
同じくコトブキさんから出ているエクシードバインダーをシールドパイルバンカーへ加工
足の装甲に新規スジ彫りを加えて塗り分け
グレイズリッターのブースターの取り付けとスラスターの取り付け加工
オリジナルカラー
そしてグレイズアインのキットで一番やってみたかったのは
デカールシールを張る練習でした
最初からそのつもりはなかったのですが、スラスターにデカールを貼付していくうちに
その密度に見合うデカールをはらなければバランスが悪いと感じたのが
きっかけでした
貼付日数7日程度、40時間ほど費やして合計732枚のデカールを添付しています
特に大変だと感じたのは左右対称に貼付する部分でした、集中力削られました・・・
DSC0273622.jpg
DSC0274332.jpg
DSC0275622.jpg
DSC0274622.jpg




☆RG MSN-06S シナンジュ 1/144
HGに続いて、ディテールが細かいRGに挑戦しようと思い立ち
シナンジュを購入
どうも僕はガンダムユニコーンに出てくるMSに惹かれるようです
スケールが小さいにも関わらずHGの二倍はあるんじゃないだろうかというパーツ数
素組みでも十分に見栄えがいいキットの完成度と圧倒的な作り安さ
これがバンダイ脅威のメカニズム・・・
これだけ圧倒的なフォルムでは自分の腕ではまだまだ個性は出せないなぁと思い
台座をアクリルで自作してみることに
アクリルの加工がどれほど大変か知らずに挑戦したので
0.5mm厚ならすぐに切れるだろうと安易に考え、結果5時間ほどひたすらPカッターで
同じところを切り続ける苦行に・・・
アクリルの0.1mmは圧倒的に違うという現実を身を以て体感しましたw
台座にはイエローサブマリンさんから出ているLEDミニスポットライトを4つ使用
シナンジュ本体の塗装をキャンディ塗装で仕上げています
DSC0278522.jpg
DSC0277622.jpg

※ケライノプレーステールは、ほかの記事で詳しく触れているので割愛します



以上が昨年一年、造形物に触れた内容の全てになります
特にプラモデルを始めた8月以降が非常に濃い日常で毎日が楽しく感じました
今年もすでに数体のフィギュアは予約済みで、プラモデルもやりたことが後を絶ちません
参加させて頂いているプラモクラブのみなさんと、更に更に盛り上がって
色々な挑戦をして行きたいと思います
人の心を打てる情熱を持って作品作りに向かう一年となるようがんばります!
長文大変失礼いたしました

マコト

Category: その他

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

メリクリ~?

 【26//2016】

メリークリスマス!マコトです
機龍を擦ってたらクリスマス終わってた!!!Σ(゚д゚;)

まぁ、鹿島に励ましてもらうからいい・・・
IMG_10301.jpg
はっぴーめりーくりすます!!!

明日は機龍のサフ~

Category: アニメ、フィギュア

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。